仏教大学【教職通信】 A評価 教育社会学 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数82
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    【評価】A 【添削コメント】学歴社会とは何かについてテキストに沿って的確に定義されています。
    学力低下の問題について関連付けて学習してください。
    【レポート作成に当たって】テキスト、教採試験用のテキストなどを参考に記述。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題 【学歴社会とは何かを定義し、高学歴化が進行すると教育は変化するのかについて学力の視点から述べてください。】
    ◆学歴社会とは何か
    Ⅰ 学歴とは
    「学校に関する経歴」過去から現在に至るまでの学校や学業についての経験の記録である。学歴を考える際、要点は2点ある。
    ○○高校、○○大学といったどの学校にいったのか、といった単なる大卒、高卒などの学卒暦ではなく、なんという学校に言ったかという「学校に関する」学校歴である。
    個人の「経歴」である。経歴はすでに過去のものである。過去の記録は覆すことができず、また、社会に出てから通い直すことで学校に関する経歴を再度、取り直すこともできるが、それはあくまで今までの経歴に付け加えられるだけのものである。
      
    Ⅱ 学歴が重視される理由
    学歴は一度獲得すると消えることがない。また、ある特定の場面で重視される。その理由として二つ考えられる。
    入学試験の段階でどの大学に「合格できたのか」という「何か」重要なことを示している。「何か」とは、例えば入学試験で計られている“勉強の理解度・努力・熱意・頭の良さ”をもとに、それが個人の重要な特徴を現しているとみる。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。