仏教大学【教職通信】 A評価 学校教育職入門

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数107
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【評価】A 【添削コメント】学校教育職を目指すためにはどのような資質が求められるかについて、答申への言及含め大変よく理解されている。【レポート作成に当たって】大学指定テキスト、教採試験用のテキスト、答申集などを参考に記述。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の「教師に求められる資質とは何か」についてまとめたうえで、あなたはどのような教師になりたいのかについて述べてください。
     教師に求められる資質能力として普遍的なものに「『教職』に対する愛着、誇り、一体感に支えられた知識、技能の総体」が求められる。これらは学校教育の直接の担い手である教員の活動は、人間の心身の発達に関わるものであり、幼児・児童・生徒の人格形成に大きな影響を及ぼすものである。このような専門職としての教員の職責にかんがみ、教員については教育者としての使命感、人間の成長・発達についての深い理解、幼児・児童・生徒に対する教育的愛情、教科等に関する専門的知識、広く豊かな教養、そしてこれらを基盤とした実践的指導力が必要である。と昭和62年12月18日付けの本会議答申「教員の資質能力の向上方策等について」によって発表されている。これら、いつの時代も求められる教員の資質と現代のいじめや不登校など多様化する問題に対処するべく、これからの教師に求められる資質・能力について中央教育審議会は平成8年に「21世紀を展開した我が国の教育の在り方について」を発表した。その中に下記のように述べられて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。