仏教大学【教職通信】 A評価 特別活動研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数148
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【評価】A 【添削コメント】「特別活動とは何か」について正確に考察されています。取り上げた事例も説明が詳しくされており、大変よくできたレポートです。【レポート作成に当たって】大学指定テキスト、教採試験用のテキスト、事例集などを参考に記述。 ※参考文献記載あり

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題【特別活動において学校行事が果たす役割を整理し、その性質をよく表していると思われる学校行事の具体例を一つ示しながら指導する際に注意すべき点を具体的に説明してください。】
    教育の目標は「人格の完成」であり学校教育には「教科教育」と「教科外教育」があり両者は車の「両輪」と例えられるよう教育現場において相乗的な関係にありバランスよく指導していく必要がある。教科外教育の特別活動について以下、考察する。
    ◆小学校学習指導要領による「特別活動の目標」および内容
    【目標】
    望ましい集団活動を通して、心身の調和の取れた発達と個性の伸長を図り、集団の一員としてよりよい生活や人間関係を築こうとする自主的、実践的な態度を育てるとともに、自己の生き方についての考えを深め、自己を生かす能力を養う。
    【内容】
    ①学級活動②児童会活動③クラブ活動④学校行事
    4つの活動内容全てに「望ましい人間関係の形成」という文言が挿入されている。道徳教育における「生き方」の問題を考えると、特別活動は道徳教育の「道徳的実践の場」としてより一層、道徳の時間との連携を図っていかなければならない。
     「自己理解をいかに深めていくこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。