教育社会学 第1.第2設題hc

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数240
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定をもらっています。参考に活用してください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題
    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。』
     近年日本の「学歴社会は崩壊した」と言われるが、これは「一流の学校に入学し、一流の企業に就職し、幸せな人生を送る」というサクセスストーリーの崩壊とも捉えられる。高学歴者の就職難、リストラや倒産などの労働意欲の低下、不正や不祥事、犯罪・自殺など深刻な社会問題にもなりつつある。この要因は様々ではあるが、一つとして競争の激化(受験戦争)、記憶力中心の詰め込み式教育によって、創造性の乏しい画一的な人間を育成してきたことなど挙げられることがあるが、はたして学歴社会がどのような過程で発生し、どのような役割をはたしたのか。そしてその問題点と、今後についてテキストの第2章を中心に考察してみたい。
    学歴社会とは「社会における社会的・職業的地位などの配分基準として学歴が重きを占める社会」のことをいう。そして高学歴社会とは「高校卒業後の高等教育機関への進学率が50%を超える社会」のことをいい、日本はアメリカ合衆国、カナダとならび、数少ない高学歴社会である。つまり上記の2つは意味..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。