法と道徳の関係

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数302
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    中央大学通信レポート法学

    代表キーワード

    中央大学法学

    資料紹介

    2011年度課題レポート・法学のものです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法と道徳の関係について論じなさい。
    序論
     社会には多彩な行為規範が働くが、そのうち、特に法と道徳には如何なる関係があるか。
     本稿では、まず両者が完全に峻別されるとする立場、及び完全に同一であるとする立場を述べる。次に両説を批判した上で、関連を認めながらも尚区別されるべきであるという主張を検討し、法と道徳の関係性を考察する。
    本論
     法と道徳の関係性は如何に捉えられるか。
     第一に、法と道徳とは全く別異であり、併存するとの考え方がCh.トマジウスやI.カントらを代表として主張される(1)。即ち、法は他者との関係を規律し外面的平和を目指すが、他方道徳は主体の良心に関わり内面的平和を目指すものとする(2)。
     よってこの見解では、法の特徴を外面性と強制性にあるとし、他方道徳の特徴は内面性と非強制性にあると考える。つまり、法と道徳とは峻別されるので、法に適いながらも道徳に反する行為があり、反対に道徳的に許容されても法的に違反する行為が存在し得る。
     第二に、法と道徳とは根本的に同一であるとする説がある。確かに歴史的には、例えばユダヤ法の十戒のように法と道徳とが密接に結合しているものがある..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。