s0104 教育方法学(第2設題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数146
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題が変更されているかも知れないので、シラバスをよく確認してください。
    参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代社会はインターネットを代表として情報通信技術が格段の進歩を遂げ、人々はあらゆる情報と知識をインターネットにより瞬時に獲得できるようになった。また仕事においてもEメールやOSの登場によりパソコンの活用を始めとした情報処理技術が要求されることとなり、新たな知識を継続的に学習する必要が生じてきた。なぜなら現在社会は情報化社会または知識社会と呼ばれているが、その社会において技術革新は短期間でなされるため、従来の知識が瞬時に陳腐化しまい、生涯を通じて学習を継続しないと通常業務を遂行することさえ難しくなったためである。そのような背景もあり、人間の学習を司る教育はより重要視されている。  しかしながら、重要視されている教育界は生徒児童の学力低下や学力格差などといった問題を数多く抱え、教育方法において混迷を極めているのが現状である。
    これらの問題に対しては、その時代にあった教育問題の解決方法が求められる。現在までに、この教育問題を解決するために行われているのが学習指導要領の改訂である。
    平成10年の改訂では「ゆとり教育」が取り入れられ、完全学校週5日制が導入された。その結果、年間の授業数の削減によ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。