s0105 教育心理学(第2設題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数103
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題が変更されているかも知れないので、シラバスをよく確認してください。
    参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理学では『適応』の概念は、環境、とくに社会的環境の要請に対する心理的反応による適合のよさとして用いられることが多い。つまり、適応とは、他の人との関係において、自分を取り巻く社会的環境と生活の要請に適合して、責任を果たし、ストレスを処理し、個人的要求に合致させることである。人生はたえず変化するものであるから、態度や行動を修正する能力は適応にとって欠くことのできない成分である。
     人間は様々な欲求を絶えず抱えながら日常生活を営んでいる。欲求とは何かをしたいと願うことであり、心の中に何らかの欲求「動機」が生まれ、それを満足させるもの(目標・誘因)が発生した時に、人間はその「目標」に向けての「行動」を開始する。この「動機」によって人間や動物が「目標」に向かって、ある種の行動に駆り立てられる心理的な作用を「動機づけ」と呼ぶのである。
    例えば、「流行の洋服が欲しい」という欲求が芽生えた時、「流行の洋服を購入する」という目標が生まれ、それに向けての行動(お金を稼ぐ・働く)を起こすことなどが該当する。  では、ここから「動機づけ」を引き起こすさまざまな「動機(欲求)」について具体的にみていきたい。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。