在宅看護の特徴

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,040
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    在宅看護実習

    代表キーワード

    看護

    資料紹介

    在宅看護実習に必要な資料・在宅看護の特徴を作成しました(*≧艸≦)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.医療施設看護との比較
    国の在院期間短縮や介護保険制度などの見直しに伴い予防重視型地域ケアシステムの基盤整備が急がれている。その一つとして、在宅看護も訪問看護ステーションから居宅への訪問看護提供だけでなく、新たに療養通所介護事業所で、中重度の居宅療養者の入浴や外出機会の確保、介護者のレスパイト(一時預かり)等も行われるようになった。
     医療施設内看護と在宅看護では看護援助の基本原則は変わらない。しかし援助の場・看護師の役割機能に以下の様な違いがある事をふまえておく必要がある。
    ・在宅では療養者・家族の「生活の場」としての家庭が看護提供の拠点となる。
    ・施設(病院など)は非日常的出来性の多い集団生活の場であるが、家庭は療養者にとって住み慣れた場所であ
    り、自分が自分らしく存在でき、自分のペースで生活できる場である。
    ・看護側から見れば、生活の場で実際に即した看護援助が出来るという利点がある。
    在宅では、療養者・家族の主体性が尊重され、価値観が認められる。また、療養者も、療養すると同時に生活する人であり、病気は「うまく付き合う・残存機能の維持・改善するもの」として生活の一部でもある。
    さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。