褥瘡について~発生要因・好発部位・ブレーデンスケール・褥瘡予防~

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,950
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    老年の実習の際に使用してました。
    分かりやすく資料をまとめたので、是非利用してください。
    学校や病院への資料提出にも利用出来ます。足りないところは補足をお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    褥瘡について   ~発生要因・好発部位・ブレーデンスケール・褥瘡予防~
    1.褥瘡の発生要因  ~褥瘡は、直接の原因と局所的・全身的・社会的要因が作用して起こる~
    ■直接原因■
    組織に外部からの圧力が加わると、骨突出部上部や辺縁の組織が引っ張られたり、内側の組織とのずれが起きて血流が阻害されやすくなる。200㎜Hgの圧力が2時間以上持続的に加われば局所の壊死が生じるという。このように、褥瘡は、皮膚表面と組織内部に起こる圧力、引っ張られ、すれなどが複合して発生する。
    ■局所的要因■
    ①加齢に伴う皮膚変化:加齢に伴い、汗腺・皮脂腺から分泌される皮脂量や天然保湿因子が減少すると、皮膚は乾燥しやすくなり、バリア機能の減退が起こる。また皮膚や組織が萎縮することで弾力性が低下して、外界からの物理的刺激に弱くなる。
    ②摩擦・ずれ:ベッドのギャッジアップ時や体位変換時に、寝具との摩擦やずれが起こりやすい。痙攣や拘縮、振戦は持続的に皮膚の摩擦・ずれを引き起こす。
    ③湿潤・失禁や発汗により、皮膚は湿潤しふやけた状態(浸軟)となり、機械的・化学的刺激に対する抵抗が弱まる。
    ④皮膚疾患:皮膚炎や皮膚感染症など。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。