在宅看護の基本理念(目的・役割・機能・基本姿勢・対象など)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,513
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    在宅看護の実習の際に使用しました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.目的
    訪問看護の狙いは、療養者・家族の力を引き出す、すなわち療養者・家族の家族ぐるみのセルフケア能力を確立させ、それらの人々が望んでいる生き方や生活が出来るようにすることである。また、その在宅療養を支える為に必要なケアチーム(家族、親戚、近隣、ボランティア)・ケアシステム作り、ニーズの掘り起こしによる在宅サービス開発などもその目的の一つである。これらのまとめは、以下の通り。
    ①療養者・家族の自己決定と自助(セルフケア)への支援
    ②療養者・家族のQOL維持・拡大
    ③在宅ケアチーム・ケアシステム作り
    ④在宅サービス開発
    2.役割・機能
     訪問看護師は、療養者へ生活行動の援助、悪化予防・リスクファクター((病気になる)危険因子)の早期発見と対処、セルフケア支援などを行う。また、療養者・家族に、療養の仕方や介護について指導・助言したり、必要に応じて看護提供しながらそれぞれの家庭での介護力、介護技術を高める。さらに、在宅療養を困難にする問題、特に、病状の急変、家族の介護疲れ、家族関係や経済上のトラブルなどに直面した時、療養者・家族を援助する。また、訪問時間外に起こりそうな問題を予測し、問題に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。