日本文学概論 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数351
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「国学の歴史と日本文学研究の歴史を調べ、その類似点と相違点、および、問題点についてまとめよ。」
     私たちは、現在においても、数々の書物に囲まれて生活をしている。現在では、インターネット上で書物が読め、「書物」といった形態が変わってきているように感じるが、現在、本屋で一般的に売られている書物が過去にさかのぼって一般的であったのではなく、古来では、製本の技術もなく、手書きの書物を回し読むのが一般的であり、その後、製本の技術が徐々に進み、現在のように、大量印刷し、同じ書物を同時に多くの人が読むことが出来るような形態になった。また、現在の文学研究をするうえでの「書物」とは、少し違った見解になるかも知れないが、「書物」が「書物」として広がる以前に、人間が伝達の手段として「文字」を使い、それらの当時の「文字」を示した木片や石等も、「文字が書かれたもの」といいた点では、現代の「書物」と変わらない。このように、「書物」は時代と共に、それらの時代に見合った方法で、当時の人々に読まれてきた。現代のインターネット上で読める「書物」も、時代の変遷に沿って生み出された「書物」の形態のひとつに過ぎないのである。こ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。