言語学概論 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数297
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「言葉の意味が脈絡によって異なる場合を、例をあげて説明しなさい。」
     私たちは、日常生活で「言葉」を使っている。人間は、各国や各地域によって使う言語は違うものの、各々の「言語」を持ち、それらを使い他人とのコミュニケーションをはかっている。日本語の場合は、ひとつひとつの「文字」があり、それらの組み合わせで「単語」が出来、「単語」を組み合わせることで「文章」が出来、「文章」にすることで、他人に伝達するといった行為が出来るようになる。細かく分解すれば、「単語」は「形態素」に分解することが出来、「文」も「文節」や「句」に分解することが出来、発音時に限れば、「文字」も「音素」に分解することが出来る。このように、日本語においても、様々な要素の組み合わせにより成り立っているが、言語で他人に伝達するといった行為が出来るようになるのは、それらの「言葉」のひとつひとつに「意味」があるからである。言語学的に考察すると、「音素」のひとつひとつにも「意味」はあるのだが、一般的に、日本語において他人に伝達する為の「意味」が含まれるのは、「単語」や「文」といった単位であると考える。このレポートにおいては、その「意味..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。