イギリス文学史(0411) 分冊1

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数400
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信教育部 A判定合格リポート 大変良いの評価をいただきました

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

         イギリス文学史Ⅰ
         0411 (分冊1)
     紀元前数百年の昔、イングランドでは異民族による侵略の繰り返しであった。紀元前55年頃、ローマ人の支配により都市が建設され、ラテン語が普及したと考えられている。
    そういった中で、先住民のケルト族は著しく感情が繊細で、豊かな想像力と神秘性を持っており、移住してきたアングロ・サクソン人は質実剛健で穏健、保守的でユーモアに富んでいる。この対照的な両民族の気質が融合
    し開花したものが、現在のイギリス文学の母
    体となっていると考えられる。    
    さらに9世紀~11世紀、ノルマン人が勢力を増し、遂にはイギリスをも占領した。フランス様式ともいえるノルマン文化は、イギリスに大きな影響を与え、政治、経済、学芸、風俗など急速に進化していった。
     またそれは言語の領域においても影響は大
    きく、サクソン系の古代英語にフランス語系
    の言葉が入り、中世英語を生み出した。文学においては北欧的な暗さをもつアングロ・サクソン文学の中に、優雅で明るい機知と諧謔に富んだ南方の文学が加わり、これまでにない新しい文学が生まれたのである。
    このような中世英文学において..

    コメント1件

    けっけっ 販売
    個別評価欄はすべてAをいただきました。講評は「中世英文学の最も重要な詩人と散文作家の5人をきちんと認識できている。Caxtonのように生涯や代表作がテキストに記述されていない作家もいるので戸惑いを覚えたかもしれないが、5人の特性をバランスよくうまくまとめている。」との高評をいただきました!!
    2012/02/08 17:20 (4年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。