アメリカ文学史 分冊2

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数692
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本大学通信教育部、合格レポートです。
    大変良くまとまったレポートでした。
    とのおほめを頂きました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

          アメリカ文学史
         0414 (分冊2)
    第一次世界大戦後、1920年代のアメリカはヨーロッパへの輸出の増加等により、経済的好況を手にしていた。しかし遂に訪れた1929年の経済崩壊は“Jazz Age”と呼ばれた20年代のアメリカの自信に満ちた心的状態を破壊していった。大恐慌時代を迎え、何百万人というアメリカ人が職を失い、社会への怒りと自己批判の新しい時代に入っていった。
    この様な30年代の初期、最初に不景気に反
    発したのは社会的抗議の文学であった。Dreiser
    やS, Anderson等の執筆は左翼の趣を持ち、現代主義のほとんどの作家達は現実主義・自然主義の新しい文学に転換した。それらは普通の人々の苦闘や悲劇、彼等の持つエネルギーの強さが描かれていた。又、M, Goldが編集した共産主義新聞The New Massesはマルクス主義の無産階級運動を強く先導し、更に彼の小説はアメリカユダヤ系小説の始まりであり、後の50年代、60年代の文学の典型となった。
    又、J, Steinbeck の作品もJ, O’Haraと同様のドキュメン
    タリーの試みで描かれ、不安、餓え、性..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。