生徒理解と教育相談 第1分冊 評価B

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数409
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校側のチェックもあるので、書き換えて提出してください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     生徒を理解するとは、生徒を2つの側面から理解していくことである。1つは、一般的な「生徒理解」の側面、指導する側が生徒を理解することである。もう一つの側面は、生徒が教師の適切な指導や援助を受けることによって、自分自身に対する理解を深めていくこと、つまり、「生徒の自己理解」の側面である。
     これら2つは互いに関連していると考え、指導する側の生徒理解の結果を、生徒一人ひとりがより自己理解が深まるように適切にフィードバックしていくことが大切である。なぜなら、そのことを通して、生徒自身の自己成長性や自己教育力を伸ばし、その伸長によって、自己理解を深めることができるからである。
     このように生徒を理解するとは、2つの側面から生徒を理解していくことが大切であるが、生徒それぞれが持つ多様な個性を多様な方法で理解していくことが大切である。
     まず、一般的な「生徒理解」とはどのような面を理解すべきかを述べる。それは生徒の主要な側面、つまり、心理的側面、社会的側面、身体的側面を理解することである。
    心理的側面としては、生徒の知能、学力、適性、興味、性格、悩み、生活観、職業観などを、社会的側面としては、生徒..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。