道徳の指導法 第2分冊 評価A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数640
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校側のチェックもあるので、書きかえて提出してください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校における道徳教育は、「学校の教育活動全体を通じて行う道徳教育」と、特設された「道徳の時間」における道徳教育の二重構造をなし、道徳教育は、道徳の時間を「要」として、各教科、外国語活動、総合的な学習の時間及び特別活動のそれぞれの特質に応じて行い、教育活動全体を通じて適切に行われる必要がある。
    道徳の時間では、道徳的判断力・道徳的心情・道徳的態度・意欲の3点を養成し、総合的に道徳的実践能力を養うことが求められ、道徳的価値を自覚することや人間としての生き方などの道徳的実践能力に必要な「内面的資質」を身に付けることが目標とされている。そして、内面的資質を養成するには各領域で身に付けたことを、道徳の時..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。