音楽科指導法 第1分冊 評価A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数661
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    課題:小学校音楽科の指導内容

    Ⅳ小学校音楽科の指導内容<表現>中から(歌唱)(器楽)(音楽づくり)(鑑賞)の4つより1つ選択し、その内容を簡単にまとめ、なおかつあなたの意見を述べなさい。

    *音楽づくりを選びました。意見の部分は書きかえた方がいいと思います。

    学校側のチェックもあるので、参考程度にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「音楽づくり」で「音楽をつくる」ことで大切なのは、「音を探し、鳴らし、聴き、感じ、工夫し、そして鳴らし、聴き、感じ、工夫し・・」という活動で、これを、例えば、アンサンブルのような活動で実践し繰り返し行うことが大切である。なぜなら、それが「音楽を作る能力そのもの」を育てるとともに、「歌唱・器楽・鑑賞などの音楽活動」を通すため、「音楽的な感性や感覚」を育てることもでき、同時に、それらの能力や資質の向上が、「自分の思いや発想を表現することの喜び」を持った児童も育てることができるからである。また、結果的には、主体的に音楽に取り組む児童や自ら音楽的な高まりや深まりの実感をすることができる児童も育てること..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。