特別活動の指導法 第2分冊 評価B

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数506
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題:学級活動のねらいや内容、指導上の留意点

    学級活動のねらいや内容等について新学習指導要領・特別活動を踏まえて説明し、併せて指導上の留意点を具体的に説明しなさい。

    学校側のチェックもあるので、参考程度にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ①平成20年1月17日の「中央教育審議会」の答申によって、子どもの①活動と資質・能力育成のつながりの不十分さ、②集団適応への問題、③生活体験不足、④人間関係の希薄さ・・⑨発達・学年課題などの処々の問題に対応するように求められたため、文部科学省は、よりよい人間関係を築く力や集団の一員としてよりよい生活づくりに参画する態度などを特に重視し、今次の特別活動の学習指導要領の改訂では、目標の一文に「よりよい生活や人間関係を築こうとする」や「自己の生き方について考えを深め、自己を生かす能力を養う」という文言が示された。これは、小学校教育から様々な課題に対応し、社会人としての「生きる力」を児童に積極的に身に付けさせようという表れであるとともに、近年の「小学校からのキャリア教育」という考えの急速な普及の表れでもある。それは、特別活動「指導計画の作成と内容の取扱い」の「(学級活動)など」において、「児童自ら現在および将来の生き方を考えることができるようにする」の文言や学級活動の(2)の共通事項②の「エ」の「清掃などの当番活動等の役割と意義の理解」などでも提示され、「キャリア教育」の育成には特別活動、特に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。