教育心理学 z1103(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数207
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題 「児童期、青年期において社会的認知(社会性の発達、対人関係{親、仲間}の拡がり、自己意識などがどのように変化するかをまとめよ。)」
                   序論
     17世紀コメニウスは「人は教育によってのみ人となる」と言い、哲学者カントは「人間が教育を必要とする唯一の存在である」と述べている。人間は、学校教育に限らない、それを含めた広い意味の教育がなければ人間たりえないことを認識しておくことが必要である。
     教育を社会的観点から見ると、社会で用いられる「ことば」を獲得し、コミュニケーションを行い共通の意識を持つことは、社会の精神的生命を持続するための必須の条件であり、生物学的生命の持続だけでなく、人間の社会を持続するためにも、新たに生まれた人間を社会化することが必要である。すなわち社会的観点から見ても、教育はなくてはならないものである。
     その中で、教育過程を心理学的に研究し、教育活動を有効に営むために必要な心理学的知識と技術を与える学問が「教育心理学」であるというのが一般的な定義である。教育心理学とは、教育目標を達成するための心理的技術学であり、民主主義社会の形成者と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。