R0709 自然地理学 第1設題  (A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数380
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題 わが国の地形の特色と形成過程を概観せよ。次に1つの県(都道府)を選び、そこに分布する地形の特色を詳述せよ。
    1.山地
     日本の国土の60%近くは山地で占められている。この山地は太平洋をめぐる造山帯の一部を構成しており、高く険しく列島の中央部を背骨のように連なっている。また、日本の山地はいくつかの山塊に分かれていて、飛騨山脈とか紀伊山地とか呼ばれる山脈や山地がそれである。山地と平野、盆地が交互にあり、布切れを張り合わせたようなモザイク構造を形作っているのが特徴である。しかし、山地や平野はごく小規模であり、大陸地域の地形はもとより、イギリスのような島国の地形に比べてもはるかに小さい。これが日本の地形の特色である。これら山地は、第四紀の半ばごろからの断層を伴う地塊運動が激しくなり、ブロックの急激な隆起により形成された。この地殻変動を島弧変動または六甲変動と呼んでいる。
    2.火山
     日本の地形の特色として火山があげられる。日本列島に第四紀火山は約350あるが、最近50万年前以降に活動し、形成時の地形をよく残した第四紀火山の数はおよそ200個ある。200個のうち成層火山は半数の130個..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。