R0508 西洋史 第2設題(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数180
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2設題 テキスト「アトランティス・ミステリー」について、アトランティス伝説の解釈について3つ以上例を挙げながら、自身の解釈を論じなさい。そのうえでなぜアトランティス伝説が人々を魅了してきたのか、テキストの内容を踏まえたうえで自身の考えを論じなさい。
                   序
     「アトランティス伝説」とは、現代から12000年ほど前に大西洋上にアトランティスという繁栄していた島があり、次第に堕落し、神罰によって一昼夜にして海中に没してしまったという伝説である。古代ギリシアの哲学者プラトンの著作「ティマイオス」と「クリティアス」において言及されている。定説では12000年前には文明はまだ存在しないが、アトランティスは、その太古の時代にすでに海上を支配する国家を築き、豊かな物資に恵まれ、高度な建築技術のもとに都市を建造し、繁栄していたとプラトンは伝えている。古代ギリシアの「七賢人」の1人であるソロンがエジプトへ旅した際、都市サイスの神官から聞いた物語をもとにプラトンが対話篇としてまとめたものであるが、その「クリティアス」は未完成のままプラトンは亡くなったと伝えられている。ただこの著..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。