日大 通信 英米文学概説 分冊1 合格

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,127
ダウンロード数64
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題 『教材の第1章を読んで、著者が主張する"simplicity"の特質について、文学作品から引用しつつ、論述しなさい。』一発合格したリポートです。講評欄には、『本リポートは始まりも結論もよく、Simplicityについてラーナー氏が言いたいことを実によくまとめています。また例示も適切であり、原文を用いて、テキストをよく理解した上で論述しています。大変読みやすく完成度の高いリポートです。』とのコメントをいただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     simplicittyは、文章における美徳の中の最も素晴らしいものの1つである。
     As I walked through the wilderness of this world , I lighted on a certain place where was a Den , and I laid me down in that place to sleep ; and as I slept I dreamed a dream .
     これは、John Bunyanの書いた本の書き出しである。この文章のthe wilderness of this world という言葉の裏には、悲しみの深さが感じられる。しかし、もし同じことを表現するのに、より長いあまり使われない言葉が使われていたならば、その悲しみの深さは失われてしまっているだろう。
     平易な言葉を用いれば、文章がぎこちなくなったり、退屈なものになったり、不正確なものになるのを避けることができる。また、平易な言葉を用いることで、回りくどい表現や、類語反復や同じことを他の言葉で繰り返し表現するような多くの言葉を使いすぎることや、立派に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。