現代日本伝統スポーツの自由貿易主義と、保護貿易主義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数306
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本の国技である相撲や、伝統スポーツである箱根駅伝などに外国人の選手をと要することについてのよしあしを論じる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代日本伝統スポーツの自由貿易主義と、保護貿易主義
    「スポーツの自由貿易主義と保護貿易主義」、そういった小難しい言葉で表せば多くの人は理解に苦しむだろうが、その内容は現代を生きる日本人にとって非常に密接な問題であるといえる。
    それは例えば相撲のことだ。日本伝統の国技である相撲にモンゴル人の選手が入ってくる…このことにたいして、スポーツは人種など関係ないのだからモンゴル人であろうとなかろうと強い選手は参入させるべきである、という考え方が自由貿易主義である。対して、相撲は国技なのだからやはり日本人だけでやるべきである、というのが保護貿易主義の考えであるといえる。
    双方にはそれぞれメリットとデメリッ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。