優生学はなぜ悪なのか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数481
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ナチスが行った政策として有名な優生学(できそこないの遺伝子を社会から抹殺する計画)にかんする著作を紹介しながら、なぜそれが批判されるのかという根本的な問題について触れる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    優生学はなぜ悪なのか
    序章
    優生学という概念を初めて耳にしたとき、私は強い批判を感じると共に、現代の人々が優生学を完全に否定しきれていないという疑惑を浮かべた。
    その疑問は参考文献を読み進めていくうちに確信にかわっていった。例えば結婚を考えている女性が子供への遺伝を考えて優秀な男性を選ぶのはおかしな話ではないし(もちろん、これは性別が逆転しても同じことが言える)、またこれから出生前に胎児の状態が把握できる技術が発達すると共に、胎児が障害者だと認識された場合に中絶するか否かを考える夫婦は益々増えてゆくだろう。
    私の経験を参照するに、優生学自体は日本において認知度はあまりたかくないとおもわれる。しかし、それにもかかわらず現代の世界、勿論日本においても完璧撤廃されずにいる弊害の一つだと考える。
    今回のレポートでは全部で2章に分けてこの優生学について論じてみたい。
    まず1章では、様々な立場から優生学について書かれた5つの参考文献の内容を紹介することで、優生学とはどういうものなのかを解説したい。
    次に2章では、1章の知識に基づいて、優生学に対する自分の見解を述べてゆきたい。
    1章優生学とは何か
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。