商学総論 分冊2 合格レポ★

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数179
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ショッピング・センターについて述べなさい。

    *丸写し厳禁です!参考としてお使い下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ショッピング・センターは、一九二〇年の終わり頃アメリカで生まれ、日本に導入されたのは、昭和四十三年、大阪の衣料スーパー店、百舌鳥ショッピング・センターが最初であると言われている。しかし、本格的なものは、それ以降のことで、代表的なものに昭和四十四年十一月にオープンした「玉川高島屋ショッピング・センター」がある。日本のショッピング・センターは、アメリカとは違い、国土の広さ、利用交通手段が異なるため、様相が大きく異なる日本固有のものである。
     ショッピング・センターとは、「買物をする中心地」という意味ではあるが、単に、郊外に単独で出店したものを指すのではなく、集団で、大規模かつ計画的に展開されたものを指す。従来、日本では、小売市場や商店街がショッピング・センターと類似した機能を持ち、雑多な業種が集合し、明確なコンセプトがなかった。しかし、モータリゼーションの進展、人口の郊外及び周辺都市への移動、道路網の整備、所得水準の向上、地価の高騰による郊外への出店、顧客吸引力・知名度の向上など、経済的・社会的要因によって都市規模に応じた商業施設、商業集団を計画的に建設することとなった。
     このような経..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。