商業政策 分冊2 合格レポ

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数176
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    戦略立案における分析手法について述べなさい。

    *丸写し厳禁です!参考までにお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     戦略立案化における主要な分析手法は、ABC分析、PPM分析、マトリックス分析、ディシジョン・ツリーがある。
     ABC分析とは、重点分析ともよばれ、対象データをA,B,Cと3段階に優先度順に並べ、管理を行う手法である。この手法は、「社会のあらゆる活動・現象において、重要なものの20%の中に80%の成果が含まれている」というパレートの法則(2:8の法則)を基礎にしている。例えば、スーパーマーケットの食品部門は、全商品の15~20%の品目で全売上高の75~80%を占めている場合が多いと言われおり、裏を返せば、全品目の10%程度を管理すれば売上高の80%近いものを管理可能ということになる。ABC分析手法の対象となる事象は、小売業の場合では、主に売上高の分析、粗利益率、純利益率、販売数量や在庫数量の分析などに幅広く利用されている。
     ABC分析の手順は以下の通りである。①分析の対象となる金額または数量を多い順に記入②その金額または数量の構成比の算出③算出された構成比の累計値を計算・記入④累計構成比を順番に方眼紙上にプロット、その点を線で結ぶ⑤A、B、Cのランク(例えば、75%までをAランク、7..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。