商業史 分冊1 合格

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数166
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日大通信商業史分冊 1

    代表キーワード

    日本大学商業史

    資料紹介

    1、幕藩体制社会における商業の不可欠な理由
    2、享保改革と田沼時代の商業政策について
    3、開港後の物価急騰に対する幕府の対策について

    *丸写し厳禁です!参考程度にお願いいたします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     一、幕藩制社会とは、将軍を頂点とし、大名、旗本、家臣などの幕藩領主階級が全国の土地を領有し、その下に農・工・商とはっきり区別された庶民を、強大な軍事力で支配するという仕組みをもった社会である。
     被支配者階級の中心である農民は、見地によって耕地保有を認められ、基本的には家族労働による自立経営を営むことができるようになった。しかし刀狩りによって武器を取り上げられたため、武士階級に上昇することはできず、さらに農村での商業禁止、城下町への移住の禁止によって商工業者になることも制限されていた。商工業者は、武士階級の消費需要に応じるために城下町に集められた。一方、武士階級も検地、地方知行制の廃止、俸禄制への移行によって、在地性を否定され、家臣団として城下町に居住するようになった。
     このような身分的分化は、生産における分業関係を意味する。武士は物的生産を行わなかったので、生活に必要な物資を農民・手工業者から調達しなければならなかった。商工業者は食糧品をはじめ農産物を生産しないので、これを購入する必要があった。農民は農業のかたわら手工業製品を生産し、基本的には自給自足できたが、塩・鍬・釜などの非..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。