SCMの困難性と主な課題

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数115
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    競争的な環境の変化に対応するため、SCMは企業の経営戦略の上で標準的なものとなり、ますます重要性になっている。企業の競争構造そのものも、1企業対1企業からSC対SCへとシフトした。さらに、大多数の企業は、もはや単独で市場競争に参加することは困難になってきたということを今まで何度も指摘した。そのため、各企業において、それまで以上に、それぞれが持つ組織能力やリソース(経営資源)や、組織間関係の重要性への注目が高まった。
     しかし、このSCMの取り組みによって良い成果を挙げた企業もあれば、そうでない企業があったのも事実である。もちろん、SCMに取り組んだ結果、思うような成果を挙げることができなかった企業自体には、何らかの問題が潜んでいたのであるが、例えば、各企業の組織能力上の差、異なる組織文化の存在、組織形態の不同など様々である。しかし、今日のSCは多くのプレイヤーが参加してグローバルに広がっていることと共に、そのプロセスはますます長くなると共に不安定になっていることなどによって、SC自体が複雑化して管理が難しくなってきている。
     ここでSCMの困難性と主な課題について論じていくと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    SCMの困難性と主な課題
    SCMを困難にしている要因
    競争的な環境の変化に対応するため、SCMは企業の経営戦略の上で標準的なものとなり、ますます重要性になっている。企業の競争構造そのものも、1企業対1企業からSC対SCへとシフトした。さらに、大多数の企業は、もはや単独で市場競争に参加することは困難になってきたということを今まで何度も指摘した。そのため、各企業において、それまで以上に、それぞれが持つ組織能力やリソース(経営資源)や、組織間関係の重要性への注目が高まった。
    しかし、このSCMの取り組みによって良い成果を挙げた企業もあれば、そうでない企業があったのも事実である。もちろん、SCMに取り組んだ結果、思うような成果を挙げることができなかった企業自体には、何らかの問題が潜んでいたのであるが、例えば、各企業の組織能力上の差、異なる組織文化の存在、組織形態の不同など様々である。しかし、今日のSCは多くのプレイヤーが参加してグローバルに広がっていることと共に、そのプロセスはますます長くなると共に不安定になっていることなどによって、SC自体が複雑化して管理が難しくなってきている。以下の表では..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。