白血病の定義

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数591
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    白血病の定義
    分化過程にある血液細胞が、造血幹細胞のレベルで形質転換を起こして異常クローンが発生し、このクローン由来の病的白血球が無制限に増殖し、その結果正常血液細胞の増殖が抑制され、かわって末梢血液中に正常時にはみられない未熟白血球が出現し、かつ骨髄をはじめとする全身諸臓器に白血病細胞の増殖浸潤をきたす疾患
    症状
    白血病細胞が増加し、正常な血球が減少するため、白血球減少に伴う感染症(発熱し、40度近くなる)、赤血球減少(貧血)に伴う症状(倦怠感、動悸、めまい)、血小板減少に伴う出血症状(歯肉の腫脹や歯肉出血など)により判明することが多く、患者も比較的、多く報告されている。
    原因
    原因は明らかでないものが多いが、多くの白血病細胞では染色体の欠損や転座が認められ、自律増殖能の獲得との関連が示されている。
    放射線被曝、ベンゼンなど一部の化学物質などは発症のリスクファクターとなる。その他にウイルスが原因であるものが知られている。ひとつはエプスタイン・バール・ウイルス (EBV) が関わっている急性リンパ性白血病バーキット型(FAB分類ALL L3)である。もうひとつは日本で同定された成人T細..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。