地域福祉の理論と方法①(地域福祉推進組織として期待される市町村社会福祉協議会の基本的性格や機能および課題について整理し、そして、住民から期待される組織に向けてのあなたの考えを述べてください)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数675
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格レポートです。指摘を受けた部分は修正をして掲載しています。是非参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目名: 地域福祉の理論と方法①
    本文 :1151文字
    レポート題 (3)地域福祉推進組織として期待される市町村社会福祉協議会の基本的性格や機能および課題について整理し、そして、住民から期待される組織に向けてのあなたの考えを述べてください 
    本文 市町村社会福祉協議会の基本的性格は、①地域における住民組織と公私の社会福祉事業関係者等により構成され活動する事を大きな特徴とし、②住民主体の理念に基づき、地域の福祉課題の解決に取り組み、誰もが安心して暮らすことのできる地域福祉の実現を目指し、③住民の福祉活動の組織化、社会福祉を目的とする事業の連絡調整及び事業の企画・実施などを行う、④市区町村、都道府県・指定都市、全国といった広く住民や社会福祉関係者に支えられた公共性と、民間組織としての自主性という2つの側面を併せ持った民間非営利の地域福祉活動推進組織である。また地域福祉とは、地域社会を基盤に、住民が主体的に地域社会のさまざまな生活課題に関わり、住民一人ひとりの努力(自助)、住民同士の相互扶助(共助)、公的な制度(公助)の連携・協働によって地域福祉コミュニティを築いていくものである。  社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。