精神保健福祉論③(わが国の精神障害者の雇用支援策の現状と課題についてあなたの考えを述べなさい。)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数266
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉障害者企業障害医療行政法法律雇用精神行政

    代表キーワード

    精神保健

    資料紹介

    合格レポートです。指摘を受けた部分は修正をして掲載しています。是非参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目名: 精神保健福祉論③
    本文 :1058文字
    レポート題 (1)和が国の精神障害者の雇用支援策の現状と課題についてあなたの考えを述べなさい。
    本文 わが国では、1987年に身体障害者雇用促進法が改正され、「障害者の雇用の促進等に関する法律」となった。この法律では、障害者である労働者が職業生活において能力発揮の機会が与えられる事と、職業人として自立するよう努める事の二つが基本理念となっている。これにより、障害者雇用率制度、障害者雇用納付金制度及び納付金制度に基づく助成金、特定求職者雇用開発助成金、障害者試行雇用(トライアル雇用)事業、精神障害者ステップアップ雇用奨励金、職場適応訓練、職場適応援助者(ジョブコーチ)支援事業、医療機関等との連携による精神障害者のジョブガイダンス事業、職場復帰支援(リワーク支援)等の支援策が展開されている。 昨年6月に発表された厚生労働省の調査では、企業のおける雇用障害者数は36万6,199人と過去最高であるが、実雇用率1.65%で去年と比べると0.03%低下、また法定雇用率達成企業の割合は45.3%であり昨年の47.0%から1.7%低下という結果になっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。