精神保健福祉論②(精神医療における権利擁護についての経緯について述べるとともに、あなたはどう思うか述べよ)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数269
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格レポートです。指摘を受けた部分は修正をして掲載しています。是非参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目名: 精神保健福祉論②
    本文 :1066文字
    レポート題 (1)精神医療における権利擁護についての経緯について述べるとともに、あなたはどう思うか述べよ 
    本文 日本における精神業者の処遇に関する最初の法である精神病者監護法は1900年に精神病者の私宅監置を定める事を大きな目的として制定された。しかし、収容を私人に任せているため治療・保護はもちろん公安上の不備も多くあった。呉秀三は在宅患者の状況調査を行い、粗悪な監禁状況について「この病になる不幸と、この国に生まれたる不幸」と訴えている。その翌年1919年に精神病院法が制定され、法的には医療や保護の視点が芽生えたものの、現実には私宅監禁が継..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。