精神保健福祉論①(障害者福祉における地域移行支援において精神保健福祉士などの支援者がどのような役割を果たすべきか、あなたの考えを述べなさい)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数581
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格レポートです。指摘を受けた部分は修正をして掲載しています。是非参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目名: 精神保健福祉論①
    本文 :1139文字
    レポート題 (2)障害者福祉における地域移行支援において精神保健福祉士などの支援者がどのような役割を果たすべきか、あなたの考えを述べなさい 
    本文 平成15年度から「精神障害者退院促進支援事業」が実施されてきている。これは「病状が安定しており、受入条件が整えば退院可能な者」に対し精神保健福祉士などの支援者が、病院や地域の活動場面において、本人に寄り添い、退院に向けて様々な取り組みを支援する事業である。さらに平成22年度からは地域移行に加えて地域定着支援体制も強化され、より精神保健福祉士などの支援者の役割が拡充されている。  地域移行支援において第一に必要な事は、利用対象者に対する退院への啓発活動である。何十年と長期入院している患者は入院生活に慣れてしまい、退院欲求がない場合がある。それに対して一緒に外出をして病院外の世界を楽しみ、本人自身が希望を持てるように支援していく。そして個別支援計画を立案し、一緒に退院準備を進めていく。その中では家族の気持ちや考えを確認したり、主治医などに病状の確認をしながら進めていく必要がある。一緒に退院先を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。