精神保健福祉援助技術総論②(精神保健福祉援助技術の内容と機能を①直接援助技術、②間接援助技術、③関連援助技術に分けてまとめなさい)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数128
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格レポートです。指摘を受けた部分は修正をして掲載しています。是非参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目名: 精神保健福祉援助技術総論②
    本文 :1099文字
    レポート題 (1)精神保健福祉援助技術の内容と機能を①直接援助技術、②間接援助技術、③関連援助技術に分けてまとめなさい。
    本文  ①直接援助技術は、利用者の問題解決のために、援助者が直接利用者とかかわっていくための技術を指す。  a)個別援助技術:個人や家族を対象とした面接で展開していく。この過程は、開始期(インテーク、アセスメント、プランニング)、展開期(インターベンション、モニタリング)、終結期の3つの期間に分類される。  b)集団援助技術:援助を必要とする複数の利用者や家族など集団に対し、グループ・ダイナミックスなどの理論を活..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。