精神保健福祉援助演習①(援助関係を結ぶ際、特に精神障がいとして考えなければならないのはどのような事か述べよ)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数226
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格レポートです。指摘を受けた部分は修正をして掲載しています。是非参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目名: 精神保健福祉援助演習①
    本文 :1094文字
    レポート題 (2)援助関係を結ぶ際、特に精神障がいとして考えなければならないのはどのような事か述べよ 
    本文 現在保健師として、保健福祉センターで精神保健を担当しており、毎日窓口や電話で相談を受けている。一般的に相談援助を行う際の基本的姿勢として、クライエントと信頼関係を築く、クライエントの自己決定を尊重するなどが挙げられる。しかし、対象が精神的な問題を抱えている時には、以下の点にも留意しなければならないと考える。 ・クライエントに振り回されない事  時にクライエントは、無意識的にも、支援者を意のままに動かそうとする時がある。自分の存在..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。