精神保健学①(成人期における精神保健について、その特徴を述べよ)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数668
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。指摘を受けた部分は修正をして掲載しています。是非参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目名: 精神保健学①
    本文 :1187文字
    レポート題 (1)成人期における精神保健について、その特徴を述べよ 
    本文 成人期は青年期と老年期の間の概ね30歳以降から64歳頃までの時期を指し、成人前期・後期に分けられる。  成人前期とは、就職をし結婚するまでの期間で、現実生活を通じて「愛する」大切な他者を見つける時期である。エリクソンはこの時期の発達課題として「親密性」と「孤独」を挙げている。この段階は、前段階である青年期の課題である「自分は自分であって良いのだ」という自己同一性の基に「親密性」を育てていく。「親密性」とは他者と親密な関係を築いていく事である。つまり「自分は何かを失うのでは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。