精神医学①(気分障害に関して、その特徴を述べるとともに、あなたのその疾患に対する考えを述べよ)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数180
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境福祉日本社会障害問題うつ病精神ストレス認知

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    合格レポートです。指摘を受けた部分は修正をして掲載しています。是非参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目名: 精神医学①
    本文 :1000文字
    レポート題 (1)気分障害に関して、その特徴を述べるとともに、あなたのその疾患に対する考えを述べよ 
    本文 気分障害とは感情や気分の変化を基本とする障害で、大きく双極性感情障害とうつ病に分けられる。  双極性感情障害は、気分が高揚し活動的になる時期(躁状態)と気分が落ち込み活動性が下がる時期(うつ状態)を交互に繰り返す病気である。躁状態時の症状として、爽快気分(元気がみなぎり疲労感が無く全てを楽観的に考える)、観念奔逸(考えが次々と湧き出し話にまとまりが無くなる)、行為心迫(次々に考えが思いつき、次々に行動に移す)、多弁、誇大妄想などが挙げられる。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。