人体の構造(生活習慣病としての高血圧について知るところを述べ、対策も考察してください。 )

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数184
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。指摘を受けた部分は修正をして掲載しています。是非参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目名: 人体の構造と機能及び疾病
    本文 :1191文字
    レポート題 (3)生活習慣病としての高血圧について知るところを述べ、対策も考察してください。
    本文  生活習慣病とは、食習慣・運動習慣・休養・喫煙・飲酒などの生活習慣が発病・進行に関与する疾患群のことである。その中で最も多いのが高血圧であり、患者数は約4千万人といわれている。高血圧は症状がないにもかかわらず、放っておくと寿命を縮めることにつながることから「サイレントキラー」と呼ばれている。血圧が高いまま放置しておくと、いろいろな臓器障害が起こってくる。例えば心臓に負担がかかると狭心症や心筋梗塞などを起こしやすくなり、脳の血管に高い圧力..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。