権利擁護と成年後見制度「自立支援事業」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数248
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格レポートです。指摘を受けた部分は修正をして掲載しています。是非参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目名: 権利擁護と成年後見制度
    本文 :1019文字
    レポート題 2「自立支援事業」
    本文  (1)これまでの禁治産、準禁治産の制度を改め、平成12年4月より成年後見制度が施行された。この制度は、認知症や精神障害などの影響によって判断能力が低下してしまった者について、契約の締結等を代わって行う代理人や、本人が誤った判断に基づいて契約を締結した場合にそれを取り消すことができる者を選任し、これら意思決定が困難な者を保護する制度であると共に、生命、身体、自由、財産等の権利を擁護するものである。家庭裁判所が成年後見人等を選任する「法定後見」とあらかじめ本人が任意後見人を選ぶ「任意後見」がある。法定..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。