《政治学》第3課題

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数404
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    評価4で返却されてます!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1:公共政策の政策過程の概要
     一般に政策は『個人ないし集団が特定の価値を獲得・維持し、増大させるための行動案・方針・計画』である。このうち、政治学が対象とする政策は、社会のための公共的決定を内容としていると考えられていることから『公共政策』と呼ばれる。これは社会における公共的な価値配分に掛かる決定という意味で用いられる概念なので、公共機関の行う政策というように狭く解してはならない。
     政策過程は、様々なアクターの自己利益の実現活動が基礎にあり、それらの相互作用が現代社会の複雑化した様々な要求が陳情や圧力などの手段によって入力され、政党や国家機構などの行政サービスのネットワークを通じて、政策として実現されていく一連の政治過程に関連したものである。
     政策過程の一般的モデルは、『政策問題の確認-政策課題の形成(アジェンダ設定)-政策案形成-政策決定-政策執行-政策評価』であり、このような公共政策の一連の過程を政策過程や政策形成過程という。
    2:政策過程の様々な合理性・効率性
     現実の政策は様々な制約の下にあるが、その様々な制約の中で可能な限り目的を実現することを目指さなければならず、政策..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。