CBC 血液一般検査について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数387
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    基礎看護学方法論Ⅲ   単元:診察・検査に伴う援助技術
    《CBC検査内容》
    全血球計算: 最もよく行われる血液検査は全血球計算(CBC)で、血液中の有形成分(赤血球、白血球、血小板)を調べる基本的な検査である。自動計数装置は、ごく少量の血液を使って1分以内にこの検査を行う。ほとんどの場合、全血球計算と併せて、顕微鏡による血球の検査も行われる。
    項目
    基準
    異常値で疑われる疾患
    赤血球
    赤血球数(RBC)
    男性450~550万/μL
    女性350~500万/μL
    ⊡貧血や赤血球増加症の有無を知るのに役立つ
    RBC、Hb、Ht↑:赤血球増加症
    RBC、Hb、Ht↓:貧血
    ヘモグロビン(Hb)
    男性14~17g/dl
    女性12~15g/dl
    ヘマトクリット(Ht)
    男性40~50%
    女性35~45%
    網赤血球(Ret)
    5~20%(0.5~2.0%)
    ⊡網赤血球数は造血能を反映し、貧血の鑑別に役立つ
    Ret↑:溶血性貧血など
    Ret↓:再生不良性貧血など
    白血球
    白血球数(WBC)
    4.000~9.000/μL
    ⊡白血球数に異常があるときは、その分画を調べることで鑑別に役に立つ
    WBC↑
    好中..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。