心理学入門レポートA評価 心理学の歴史と現代社会への応用について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数491
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    心理学入門 レポート課題A評価 わかりやすい文章で読みやすく書いてみました。とても良い評価コメントをいただきました。参考にしてみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理学の歴史と現代社会への応用について述べよ
     人間は紀元前から心や思考のはたらきについてとても興味を持っていた。アリストテレスは著書で人の感覚について観察を示し,ヒポクラテスは人間の性格の血がkを4つの体液の違いで説明している。その後、いろんな人物が心理の解明をしてきた中、心理学という実際の学問として形作ったのは18世紀半ばのヴントからである。
     ヴントは1856年医学部を卒業、1862年から自然科学から見た心理学、生理学的心理学などを講義し、1873年に「生理学的心理学綱要」を出版する。生理学的心理学の研究で、意識を分析、分解し続け、その意識の最小単位を心的要素と呼び、要素主義を唱えた。その心的要素の中から意識世界を構築する究極の単位としての感覚を知覚表象と区別するために純粋感覚とし、感情と並ぶ心的要素の1つとしての感情を簡単感情と名付けた。この要素主義はその後、弟子のティチナーが、構成主義として受け継いだ。
    ヴントの目指した心理学は生理学的手法を心理学に取り入れて、生理学と心理学の優れた面をそれぞれの実験心理学的研究に活用することであった。その方法として外部から刺激を与え、外部の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。