A評価 レポート課題2 精神療法及び環境社会療法について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数129
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価A判定 です。参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神療法及び環境・社会療法について述べよ
    はじめに、精神療法とは精神科や心療内科の領域の病気に専門的な知識と技術を持った治療者が、患者の抱える心理的困難を様々な手段で心理的に働きかけを行うことであり、患者と治療者の職業的関係を通して改善していく医学的療法である。
     精神障害の発生にはその人物が置かれている環境が最大の影響力を持つ。環境には可変的なものと普遍的なものが存在し、ホームズの生活状況と疾患との関係を見た研究では配偶者の死亡や離婚、別居などの変化や職場での解雇、退職などの変化により心身障害にかかる確率は高いと示されている。
     現在暮らしている生活環境を変えたり、通っている精神科病院を変える事は可能だが、家族の死などの出来事は変える事はできない。そのため、その環境にいる事で病気になるようであれば、その環境を変える事により症状の改善をめざし、変えられない環境に対しては、個人の対処能力を高めていく訓練と治療を行ったり、その人物を取り巻く家族の知識や接し方なども理解と変化を促す活動を試みる事が必要である。
     精神医学における治療法では、身体療法、精神療法、環境・社会療法の3つに大別される..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。