A判定 課題レポート 精神医療の歴史及び精神医学の概念について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数246
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポート課題① A判定です。参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神医療の歴史及び精神医学の概念について述べよ
     精神医学とは、人の精神現象と障害となる疾病や症状などの精神障害を扱う学問である。中世ヨーロッパでは精神障害者に対し宗教的な考え方と理解が正当であり、精神病は病気ではなく悪魔の仕業であるという見方により一般社会から迫害された。15世紀から17世紀後半にかけて最盛期を迎えたこの考え方により、「魔女」と呼ばれた人々は異端諮問所で激しい拷問による自白を迫られ、焚刑(火炙り)に処せられた。
     この時代に精神障害者修養所が作られるようになったが、その他所は僧院の経営によるものであった。その方法は監禁と収容で地下牢のような暗い部屋に放り込まれ、糞便にまみれながら泣き叫ぶ者は手枷、足枷により拘束され多くの者がそこで一生を終えた時代であった。17世紀後半、この魔女狩りの風習は理性的哲学や、近代的科学の発展、近代国家の成立に伴う協力な王権復興から急速に敗退していく。
     18世紀後半、フランス革命のうねりの中、P.ピネルやJ.コノリーが精神障害者を鎖から解放し、やめる人間として扱う「無拘束運動」を展開していく。続いてW.テュークがヨーク療養所を設立し、精神障..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。