A判定 レポート1 相談援助におけるグループワークの持つ意味とその展開過程について説明せよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数385
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    相談援助におけるグループワークの持つ意味とその展開過程について説明せよ
    はじめに、人の一生は集団の中で存在するといえるように、私たちは常に何らかの集団の中で日常生活を送っている。家族は人にとって最初の集団であり、その環境を安全地帯として成長を始め、好き嫌いを問わず、1つ又は同時に複数の集団に属しながら生活を続けていく。このことから人は生まれながらに社会的な存在であり、集団の中にいることにより様々な影響を受けながら人格や価値観の形成、経験を積んでおり、その所属する「集団」を慎重に選んでいく必要がある。
    グループワークは利用者となるメンバー、グループ(小集団)、活動内容のプログラム、そして社会資源の4つで成り立つ。その基本的態度として、①メンバーとグループを個別に認識し適切な援助をしていくこと、②メンバーとワーカーの相互受容、③プログラムを実践する中で発生する摩擦によって問題が消化されていくこと、④メンバーの全員が参加すること、⑤共同作業という経験によってそれぞれが成長すること、⑥プログラムを安全に遂行し作業するための制限をもつこと、⑦継続評価の7つを原則としている。
    グループワークはメン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。