レポート 保健医療サービスの変化と社会福祉士の役割

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数497
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    非常に難問と言われている保健医療科目レポートです。B+判定をいただきました。ぜひ参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保健医療サービスの変化と社会福祉士の役割、医療と介護の関係について述べよ
    はじめに、男性79歳、女性86歳、これは平成24年度の簡易生命表による日本の平均寿命である。特に女性は昭和59年から今日まで世界一の平均寿命を誇るなど、国民全体の努力や高い教育・経済水準、保健・医療水準に支えられ、「人生80年」という言葉通りに世界でも有数の長寿国となっている。
    1.疾病構造の変化
    疾病構造は感染症などの急性疾患から、悪性新生物や循環器病など生活習慣病をはじめとした慢性疾患や高齢者医療へと大きく変化している。この原因は憲法第9条の戦争の放棄により、第二次世界大戦後再び戦争によって生活困難を強いられることなく順調に経済成長が進み、国民全体の生活が豊かになったことである。
    経済的に豊かになれば人々の生活は潤い寿命が延びる。しかし同時に栄養過多で糖尿病、高血圧、肥満などの万病の原因となる生活習慣病が発生した。主要死因別粗死亡率年次推移によると、1947年は結核、肺炎が多かったが、1970年には脳血管疾患、悪性新生物が上位を占め、2006年には悪性新生物、心疾患、脳血管疾患と疾病構造は変化していった。人口..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。