図画工作Ⅰ「材料経験とは、実際に粘土や紙、絵の具、はさみや筆などの素材や用具を使って、材料の特性や表現効果を体験的に理解

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数380
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    はじめに
    小学校の図画工作科では将来のものづくりの基礎を養うだけではなく、何かを作り上げる工作活動や鑑賞から作品の美しさを感じ取ったりして、感性を高める教育である。何かを作り出す喜びは児童の欲求を満たし、自分の心に働きかけることで新しいものや未知のものへ向かう楽しさを教えてくれる。感じ取る喜びは美しいものに感動したり、考えたり、作品から何かを感じ取ることは豊かな人間性をはぐくむ上で大切であり、一時的なもので

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「材料経験とは、実際に粘土や紙、絵の具、はさみや筆などの素材や用具を使って、材料の特性や表現効果を体験的に理解するものであり、指導者としてそれらを生かした題材化を図るための欠かせない学びの場でもある。ここでは自分で経験した技法を生かして一つの題材化を試み、その目的や内容を詳細に解説し、題材化を試みた経緯について述べよ。」  
    はじめに
    小学校の図画工作科では将来のものづくりの基礎を養うだけではなく、何かを作り上げる工作活動や鑑賞から作品の美しさを感じ取ったりして、感性を高める教育である。何かを作り出す喜びは児童の欲求を満たし、自分の心に働きかけることで新しいものや未知のものへ向かう楽しさを教えてくれる。感じ取る喜びは美しいものに感動したり、考えたり、作品から何かを感じ取ることは豊かな人間性をはぐくむ上で大切であり、一時的なものではなく持続的に続くものであり、図画工作科の教育によってこれを高めることができるのである。小学校学習指導要領における図画工作科の学習内容は大きく分けて2つあり、「A表現」では、身近な自然物や人工の材料の形や色などを基に思い付いてつくること。感覚や気持ちを生かしなが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。