教育心理学(不適応行動)「子どもの『不適応行動』について述べよ」

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数208
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    はじめに
     人々の生活の中ですべてを充実させるのは困難であり、現実には様々な障害や困難によって欲求不満に陥ることがある。これらの欲求不満を何らかの方法で克服するために、人々はその環境に適合しようと努力したり、逆に環境を自分に適合させるように働きかけるなどして適応していく。本来は発達段階の子どもは幼児期に欲求不満に耐える力がつく。ところが、どんなに努力しても欲求不満を乗り越えられない事が起きたときや欲求不満に耐える力が獲得できていないとストレスが溜まりやすくなり、不適応行動に至る傾向がある。不適応行動には攻撃性が外に向かう「反社会的不適応行動」と攻撃の矛先が

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「子どもの『不適応行動』について述べよ」
    はじめに
     人々の生活の中ですべてを充実させるのは困難であり、現実には様々な障害や困難によって欲求不満に陥ることがある。これらの欲求不満を何らかの方法で克服するために、人々はその環境に適合しようと努力したり、逆に環境を自分に適合させるように働きかけるなどして適応していく。本来は発達段階の子どもは幼児期に欲求不満に耐える力がつく。ところが、どんなに努力しても欲求不満を乗り越えられない事が起きたときや欲求不満に耐える力が獲得できていないとストレスが溜まりやすくなり、不適応行動に至る傾向がある。不適応行動には攻撃性が外に向かう「反社会的不適応行動」と攻撃の矛先が自分自身に向かう「非社会的不適応行動」の2種類に分類される。前者の場合はいじめや暴力行為などの社会秩序に反する行動し、後者の場合は不登校や無気力状態に陥る。このように2つに分類される不適応行動であるが、不登校の子どもが家庭内暴力をしたり、遊びの延長でスリルを求め非行をしたりすることもあるため、明確に2つを分けて考えることは困難な場合もある。ここからは事例を挙げて、様々な不適応行動について述べて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。