教育心理学(個人差について)「子どもの「個人差」について述べよ。」

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数372
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    人間はそれぞれに違いがあり、外見は背の高い人や低い人、顔の形などが異なるように内面も異なり、これは生まれたばかりの赤ちゃんから高齢者に至るまで、人間である以上全ての者が持ち合わせている違いを「個人差」という。
     個人差が生じる要因は「遺伝」によるものなのか、環境によるものなのか、長い間議論がなされ研究が進められている。しかし、成長する過程でどのような環境にいたかによって

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「子どもの「個人差」について述べよ。」
    人間はそれぞれに違いがあり、外見は背の高い人や低い人、顔の形などが異なるように内面も異なり、これは生まれたばかりの赤ちゃんから高齢者に至るまで、人間である以上全ての者が持ち合わせている違いを「個人差」という。  個人差が生じる要因は「遺伝」によるものなのか、環境によるものなのか、長い間議論がなされ研究が進められている。しかし、成長する過程でどのような環境にいたかによって大きく影響されることも事実である。近年は両方の要因が作用していると言える。遺伝的に制約を受けて生まれてきた子どもでも、優れて環境下では特別な才能を発揮することも可能である。子どもの個人差について、いくつかの角度から考察していく。 1.知能について
    知的行動を可能にするものが知能である。知能の本質やその定義に関して統一された見解は示されておらず、知能を単一の能力として定義することは難しい。知能の定義は多くの研究者が説を唱えており、ターマンは、知能は抽象的な思考能力であること。ディアボーンは、知能は学習する能力であること。その中で代表的なものはウエクスラーによる「知能とは目的的に行動し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。