教育学概論。A評価「わが国の教育の目的について論述せよ。」

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数197
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    はじめに
    なぜ教育を実施するのか、日本国憲法第26条に教育を受ける権利として、全ての国民に与えられた権利であると示されている。教育とは教育されるその人間(子ども)へ行うもので、人間としての資質や能力を向上させ、その機会を提供することであり、周囲にいる人々が全員で行うべきものでもある。よって親にも子供に教育を受けさせる義務があり、子供には教育を受ける権利があるのである。
    学校教育に関しては教育法規の頂点は「教育基本法」であり、どのような人間を育てるかが最も重要な課題である。先ずは、わが国の教育目的の変遷から述べる。
    1.教育基本法の変遷

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「わが国の教育の目的について論述せよ。」 
    はじめに
    なぜ教育を実施するのか、日本国憲法第26条に教育を受ける権利として、全ての国民に与えられた権利であると示されている。教育とは教育されるその人間(子ども)へ行うもので、人間としての資質や能力を向上させ、その機会を提供することであり、周囲にいる人々が全員で行うべきものでもある。よって親にも子供に教育を受けさせる義務があり、子供には教育を受ける権利があるのである。
    学校教育に関しては教育法規の頂点は「教育基本法」であり、どのような人間を育てるかが最も重要な課題である。先ずは、わが国の教育目的の変遷から述べる。
    1.教育基本法の変遷
    教育基本法は昭和22年に制定された教育の憲法とも言われるものであるが、教育基本法とこれに関わる法は、様々な変遷を経て現在に至る。その変遷は、明治5年に「学制」が公示され、学校教育を制度化し、一人ひとりが社会で成功するために学問を学ぶことがこの頃の教育目的であり、身分や性別に関わりなく就学させた。明治19年には「小学校令」が公示され、いずれも近代の初等教育制度を定めた勅令である。明治23年に入ると、明治天皇の言葉..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。